狭小住宅なら狭い土地でも快適に住めるようになる

構造を確認すること

茅ヶ崎での住宅購入はリフォーム前提で中古一戸建てを購入することをお勧めします。中古一戸建てを選ぶ時は、築年数は重要ではなく、建物の専門家によって住宅診断をしてもらい、問題がないことを確認するようにしてください。

人気の理由を知る

注文住宅を京都で建設する場合、事前に注意点を把握した上で建設を依頼するようにしましょう。また、依頼先によって内容が異なる他、費用面も違ってくるので予め確認しておくと良いです。そうすることで費用を抑えた夢の住居を手に入れることが出来ます。

狭さをプラスに変える家

積み木

限られた予算で一戸建て

近年、低コストでマイホームを実現する手段として人気を集めているのが、狭小住宅です。狭小住宅とは、その名の通り狭くて小さい土地、すなわち狭小地に建てられた住宅のことをいいます。厳密な定義はありませんが、おおむね敷地面積が50平方メートル(15坪)以下というのが一応の目安となっています。注意が必要なのは、狭小住宅は予算の都合上「やむを得ず」建てた狭い家なのかというと、決してそうではないという点です。以前は確かに狭小住宅という言葉にはそういう否定的なニュアンスが多少ありました。しかしながら現在では、土地の狭さを工法上の工夫でカバーし、快適な住空間を実現した住まいという肯定的な評価が定着しています。狭小住宅の工法としてよく採用されているのが、3階建てや地下室の設置です。土地の広さが限られているため、水平ではなく垂直方向に床面積を増やすことで、十分な広さを確保しています。また、吹き抜けや天井採光などもよく用いられます。狭小住宅は両側から他の住宅やビル等が迫っている土地に建てられることが多いのですが、こうした工夫によって室内の明るさを保ったり、圧迫感をやわらげたりすることを可能にしています。これ以外にも、狭小住宅にはさまざまなバリエーションがあります。というのも狭小住宅は単に狭いというだけでなく、細長かったり三角形であったりといった変形地に建てられるケースがしばしばだからです。そういう意味では、狭小住宅すなわちデザイナーズ住宅であると言うこともできます。

歴史に風情を感じて住む事

日本の歴史ある建物が多い京都では、中古よりも新築で戸建てを購入した方お得です。新築の場合だと、長い間メンテナンスが不要であるため、負担がかからないという魅力があります。また、誰も利用してないという点において、安心感や清潔感、清潔感といった感覚を味わえます。