狭小住宅なら狭い土地でも快適に住めるようになる

歴史に風情を感じて住む事

室内

色々なメリットがあります

京都と言う土地は昔ながらの情緒があり、たくさんの歴史的建造物もあるので日本の流れを楽しみながら、先人たちに思いを馳せながら過ごしていける、日本古来の大変重要な土地の様に感じます。折角京都の地に住むのであれば、新築の戸建を購入し、ずっと京都で過ごしたいものです。実は購入時の諸費用は新築の方が安かったりします。また新築を購入する方がその後の大幅なメンテナンスの負担がかかる時が中古よりも長い間、かからないというメリットもあります。また、新築の方が、今風の仕様になっている為、非常に使いやすく便利だという事も特徴といえます。購入時の税金に関しても新築は大きな優遇が受けられます。例えば固定資産税が戸建の場合ですと3年間は約半額の支払いで大丈夫だという優遇措置があったり、不動産取得税や登録免許税なども中古と比較すれば割安になっています。しかしながら新築の一番大きな魅力と言うのは、やはり、誰も使っていない自分達が全く最初であるという優越感と言うか清潔感を味わえることが新築を購入する一番の醍醐味ではないでしょうか。特に、まっさらなキッチンやお風呂場等の水廻り関係は新築という事のメリットは非常に大きいと言えます。また、新築の方が現在の規制に沿った建物であるという事も安心感があります。当然ながら現在の規制を踏まえた建物を建築しないといけない訳ですから、中古にはない安心感が得られます。京都という歴史的風情がある街並みで、新しい家で風情を感じてみるのもいいですよね。